キャリアプラン

着実にキャリアアップしながら、
長く活躍できる体制。

それぞれの持つ力を最大限に発揮し、いつまでも成長し続けてほしい。
だからこそ当社では、社員一人ひとりの適性を活かし、
働く意欲に応えるための様々な仕組みを整えています。

多彩に広がるキャリアパス

個々の適性や希望に合わせて、
柔軟にキャリアを選択できる環境。
それぞれが能力を100%発揮できる仕組みを整備。

「教師・教科を究める」「校舎でのマネジメント経験を活かし管理職として部署運営に携わる」「総合職から教師職に転換して授業をする」など、当社には社員の思いや適性に応じた様々なキャリアパスがあります。
社員一人ひとりが能力を最大限発揮し、子どもたちの成長と共に、自らも成長していけるような制度づくりを常に目指しています。

成長をサポートする
人事評価制度

当社の人事評価制度は毎年、目標設定・振り返りを行うことで、目標の達成度と成長をしっかりと認識できます。また、評価は複数人で行うことで公平を期しています。さらに、上長からのフィードバックを通じて改善点を洗い出し、今後の目標・行動指針を検討し実践していくことができます。

やりがいに繋がる
職能等級制度

経験年数や業務遂行能力に応じてキャリアアップできる職能等級制度を導入。能力を発揮することで、成長とやりがいを感じることができます。
また、人事異動は通常2・3年~5年の間隔で行われ、校舎・部署の状況や本人の適性、住所などから総合的に判断して異動が決まります。

あなたの意欲に応える
職種転換制度

総合職の社員でも、業務にあたる中で子どもたちと接し、授業を担当したいという思いが生じる場合があります。
そうした社員の意欲に応えるべく、総合職から教師職への職種転換を行う制度を設けています。

年々広がる
女性活躍のフィールド

性別を問わない能力本位の採用により、毎年、多くの女性社員が入社しています。また、子どもが中学生になるまで育児短時間勤務制度を利用できる他、2016年からは、女性の管理職登用を積極的に進めており、女性活躍のフィールドが広がっています。

女性の活躍に係るデータ

  採用した
労働者に占める
女性の割合
男女の平均勤続年数の差異 管理職に占める
女性の割合
残業時間の
月平均
(年間)
男性a(年) 女性b(年) b/a
2018年公表 40.7% 9.1 6.4 70.0% 15.5% 6.3時間
2019年公表 42.9% 8.8 6.4 72.7% 17.4% 9.0時間
2020年公表 50.4% 9.3 6.9 74.2% 18.3% 7.0時間
厚生労働省指針 20%以上 70%以上 20%以上 45時間未満

日本の未来をひらく教育に、
あなたも携わりませんか?