3つの職種

日本の未来をひらく、
スペシャリストとゼネラリスト。

株式会社日本入試センターには3つの職種があり
社員はそれぞれ、専門性や「好き」を活かして働いています。
各職種の仕事の魅力や、主な業務についてご紹介します。

教師職(集団指導)

1教科専任で「教えること」に関する、
学びのスペシャリスト

SAPIXでは中学受験、高校受験、大学受験の各受験対象別に部門が分かれ、さらにその中で教科ごとに分かれています。1教科専任制のため、自分が選んだ教科のスペシャリストとして、専門性を活かして活躍ができます。

教師職(集団指導)の主な業務

授業

授業は教師職の業務の大きな柱です。教師と生徒がやりとりをしながら進めるので、何を訊かれても答えられるように予習は気が抜けません。

教材・テスト作成

SAPIX・Y-SAPIXでは、教材もテストも全てオリジナル。授業を担当する教師職が自ら、生徒のことを考えこだわり抜いて作成しています。

学習相談・進路相談

生徒・保護者の皆さまからの学習相談や進路相談も大事な業務の一つ。一人ひとりと真摯に向き合い、全力で支えていきます。

1日の勤務例

教師職(集団指導)社員の
インタビューを読む

教師職(個別指導)

複数教科の指導から教室運営まで、
生徒に寄り添うスペシャリスト

個別指導部門(PRIVATO)の教師職は、授業と教室運営の両方の業務に携わります。授業で生徒の成長に関わりながら、教室運営でマネジメント能力を磨く。様々な立場の人々の中心に立ち、教室と共に成長できることが大きな魅力です。

教師職(個別指導)の主な業務

複数教科の授業

指導教科は原則、算数・国語・理科・社会の4教科より、各教師1教科(2年目からは2教科)を選択します。対象となる生徒の多くがSAPIX生であるため、学習意欲の高い生徒を数多く指導できることも魅力の一つです。

教室業務・本部業務

塾の根幹である「授業」に付随する業務を行います。入社数年後には教室責任者として自立し、教室の中心となって生徒・職員・業務を牽引します。希望や適性によっては、個別指導部門全体に関わる本部業務で能力を発揮することも、授業は行わず、教室運営業務に専従することも可能です。

1日の勤務例

教師職(個別指導)社員の
インタビューを読む

総合職

校舎運営を中心に、
生徒と会社を支えるゼネラリスト

総合職は、主にお客様と子どもたちへの対応や学びの環境づくりを行っています。授業はせずとも、教師職と共に校舎を支える重要な役割を担っています。また、各部署では人事・総務・財務といった管理業務はもちろんのこと、当社ならではの教育に関わる様々な業務を行っています。

総合職の主な業務

お客様や子どもたちへの対応

「会社の顔」として保護者の方や通塾されている生徒への対応を行います。具体的には、電話応対・入室案内などの接客、教材の受け渡しや貸し出しなど多岐にわたります。

学びの環境づくり

校舎内で生徒や教師が授業に集中できる環境を整えます。例えば、備品の管理や授業準備、出欠の管理、各種書類の作成など授業以外の業務により生徒の学びを応援していきます。

1日の勤務例

総合職社員の
インタビューを読む

日本の未来をひらく教育に、
あなたも携わりませんか?